ADPLEX Co.,Ltd.

近年の年史・記念誌傾向

最近の年史・記念誌は、従来の豪華本(箱入り、上製本)から、コンパクトで、見て楽しめる「読みたくなる」年史・記念誌──軽装判スタイル、パンフレット型など、手軽で、読みやすいスタイルを採用するケースが増えています。 それは、近年の厳しい経済情勢を踏まえ、費用対効果の面で真にメリットのある、コスト的にも社員全員に配布できるような年史・記念誌が求められているからと言えます。

よく選ばれる年史・記念誌のタイプ例

  • ソフトで格調のある型

    ソフトで格調のある型

    一般読者も読みたくなる、ビジュアルなデザインを採用する一方、年史・記念誌らしい格調(読みごたえ)も備えたタイプ

    仕様/変形判 ハードカバー 300~500P程度

  • 軽装判のコンパクト型

    軽装判のコンパクト型

    並製本のソフト体裁。読者に気軽に手に取ってもらい、読みやすく、親しみの持てるスタイル

    仕様/A4判 ソフトカバー 150~200P程度

  • パンフレット型

    パンフレット型

    写真やグラフなどを盛り込み、「見せる」パートを中心に手軽に「読んで、見て、楽しめる」スタイル

    仕様/A4判 50~80p程度

最近の年史・記念誌傾向

年始・記念誌に関するお問い合わせはこちら